上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いや~先日のパラグアイ戦は素晴らしい試合でしたね。何年もサッカーを見てきたが一生忘れることのない試合でした。今まで「戦う気持ちが薄れてしまった」チームだったのが「戦うチーム」へと変貌を遂げた・・・。
ここに人生を生きる上での大事なヒントがあったように思う。

そして何より「団結」「チームプレイ」という面ではブラジルやスペインを凌駕するほどだったのではないだろうか?

長くサッカーを見てきた私にとってもあそこまで団結できたチームというのはそうはいなかったように思う。
思えば、「ドーハの悲劇」と言われるあの時のチームも団結していた。三浦カズやラモスが目立つなか「縁の下の力持ち」的な役割の柱谷や井原がチームを支えていたように思う。目の前にある壁を乗り越えるためにチーム一丸となって同じ目標に向かうと「足し算」から「掛け算」の世界になる。

どんなにいい選手が集まってもばらばらならフランスチームのようになる。昔のACミランもそうだった。
(巨人軍もそうかな?)重要なのは皆が同じ方向に向かうこと、そしてそれに向けて惜しみない努力をすること。
今回のパラグアイ戦を見てそう思った方も多いのではないだろうか?

20100630-00000099-jij_vanp-socc-view-000.jpg

そしてもう一つ、この男の存在感は日本人の枠を超えていた。冷静なポストプレー、強烈な左足、そして気持ち。
特にディフェンス面での彼の貢献度は高い。あんなに走っている彼を見たのは初めてだった。長友にしても彼にしてもトゥーリオにしても「人間ってあんなに走れるもんなんだ・・・」と度肝を抜かれた。

久しぶりにいい試合を見せていただいたことに感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

20100701-00000024-spn-socc-view-000.jpg

最後に駒野選手には胸を張って帰ってきてほしいと思います。あの「ロベルト・バッジョ」や「フランコ・バレージ」も同じ思いをしたんんだから・・・。PKは誰のせいでもない。そんなことより「今」を全力で疾走した彼の姿の方がなによりも尊いと思います。本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト
2010.07.01 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/162-a5e9f902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。