上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3連休初日!解放感たっぷりの朝。天気は今日も良さそう!
6時に起床し窓を開け小鳥のさえずりを聞きながらの読書。

最高っす!

HTbookCoverImage.jpg

ということで今日は世界のサッカー史上でも指折りのFW「釜本邦茂」氏著:「最前線(フォワード)は蛮族たれ」を読んだ。

「釜本さん、釜本さん、お元気でっす~か~♪」というCMが子供の頃から頭に残って離れない。
68年のメキシコ・オリンピックでは7ゴールをあげ得点王になり日本の銅メダルに貢献した功績は今でも伝説だ

私も小学校の頃、釜本氏主宰のサッカー教室で直に教えていただいたのを今でも鮮明に憶えている。

garali7.jpg

著書で釜本氏はこう主張する
「時代は変わった。家の中にも街にも競争が少なくなり、ガキ大将がいなくなった社会から、自己主張と顕示欲の塊のようなFWは生まれにくい」と。

だからあえて言う「自分はこう思いながらやっている」と考えが確立していることこそ主張せよと。

「仲良しグループじゃだめだ。本田圭祐のような「俺が、俺が」は当たり前だ」と。


im00015061.jpg

釜本邦茂[カマモトクニシゲ]
1944年生まれ。早稲田大学から実業団のヤンマー(現セレッソ大阪)と、長く日本サッカーのエース・ストライカーとして活躍。特に、68年のメキシコ・オリンピックでは7ゴールをあげ得点王、日本の銅メダルに貢献する。Jリーグ、ガンバ大阪の監督を経て参議院議員。その後、日本サッカー協会名誉副会長を務めている
スポンサーサイト
2010.09.18 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/261-a8f1457c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。