上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いや~アルゼンチン戦すごかったですね~。
あのメッシ率いるベストメンバーのアルゼンチンに1-0で歴史的勝利!
いままでアルゼンチンには負けばかりだったので初勝利の感激を味わったという方も多かったのでは!?

scc1010081925008-p2.jpg
後半はだいぶメッシもいら立っていた様子ですね

今回はザッケローニ新監督の初陣ということで非常にいいスタートを切れたのではないでしょうか?

scc1010081925008-p32.jpg

またこの試合のキーマンはやはり長友選手でしたね。しっかりメッシを封じてました。

しかしあえて苦言を呈したいのはFW森本の活躍がまだないということ。
もちろん香川や長谷部のように「いいミッドフィールダー」というのは育っている。
本田なんか間違いなくワールドクラスと言える。しかしFWでワールドクラスが不在なのもまた事実だ。

南アフリカ大会で本田は活躍したが彼はMFの選手であり本来FWの選手ではない。
サッカーはゴールを決めるスポーツでありそれだけを目的とするFWが育たない限り次のワールドカップも行ってベスト16だろう。

いろんな意味で森本には期待したい。彼が活躍する時には間違いなく日本は世界にとって脅威となるに違いない。
森本の成長=日本の成長なのである。そして・・・

scc1010081925008-p19.jpg

もうひとつあえて苦言を呈するとすればこれは「本番」ではなく「練習試合」にすぎないということだ。
次は韓国戦!アルゼンチンのように時差ぼけもしていない本当の意味の「リトマス試験紙」になるだろう。

ぜひいい結果を残してほしいと思う。

メッシ、屈辱のフル出場にイラッ!悔しさにじませ無言貫く
スポーツ報知 10月9日(土)8時1分配信
 ◆キリンチャレンジカップ2010 日本1─0アルゼンチン(8日・埼玉スタジアム) 日本代表が“ザック流”の守備でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(23)=バルセロナ=を封じ切った。フル出場しながら不発に終わったメッシは試合後、無言を貫き、悔しさをにじませた。

 メッシは不発に終わった。フル出場し、両チーム最多の5本のシュートを放ったが。試合後は悔しさからか、うつむきながら、無言で取材エリアを通り抜けた。それでも、華麗な技術は随所に発揮した。

 試合開始から魅了した。前半7分、センターサークル付近でボールを受けると、強烈なドリブル突破。日本の中盤3人が追いかけても追いつけない。そのまま約30メートルを独走した。28分には絶妙なFK。後半21分には、密集したペナルティーエリア内で、わずかなすき間を縫って、FWテベスにスルーパス。ドリブル、シュート、パス…。ゴールにはつながらなかったが、スタンドを埋め尽くした大観衆は、背番号10の一挙手一投足にくぎ付けになった。

 日本代表戦士たちも舌を巻いた。DF内田が「手でドリブルをしているみたい」と感嘆の声を上げれば、「あんなにブロックを敷いているのに、簡単に中央突破する。一瞬の動きが本当に速い。あれはトップコンディションじゃないのに」とMF香川。9月20日のAマドリード戦で右足首じん帯を負傷し、今月3日のマジョルカ戦で復帰したばかり。バチスタ監督も「選手には疲労があった」と万全ではなかったことを認めたが、それでも、与えた衝撃は大きかった。

 初陣のザック・ジャパンを上回る注目を集めた。スタメン発表で「リオネル・メッシ」の名が響くと、両チームの誰よりも大歓声を浴びた。ボールを持つだけで、スタンドはざわめき、無数のフラッシュが光った。「ここには“何か”をしにきたんだ」。来日後に、こうコメントしたが、ゴールは奪えなかった。もし、アルゼンチンがリードを奪えば、早めに“お役ご免”になっていただろう。メッシにとっては屈辱のフル出場だった。
スポンサーサイト
2010.10.08 Fri l 日本代表 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/285-4c5209aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。