上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
96959996889DE3E7E6EAE1E1E7E2E0EBE2EBE0E2E3E29091EAE2E2E2-DSKDZO1548368029092010000000-NONE-5.jpg

ちょっと前回から時間が経ってしまったが第五回「アイドルはマラドーナ」について書こうと思う。

小学校4年になりサッカークラブに入部した私はどんどんサッカーにのめりこむ。
特にリフティング(ボールつき)は大得意で友人と回数を競い合った。熱中するうちに学年で一番になった。
回数は「858回」。今でも忘れられない数字だ。
これが実戦で役に立つかというとそれほどでもない。ただ今思えばこれによって「集中力」がついたと思う。

そんな私が当時の「サッカーダイジェスト」を見て憧れた選手がいた。
そう「ディエゴ・マラドーナ」だった。

scr0801312219006-p1_20101016172557.jpg

サッカーファンならずともその名前は知っているスーパーファンタジスタだ。
当時のVTRでリフティングをしているシーンがあるがそのソフトなタッチや正確さは度肝を抜かれた。
いつだったろうかパチンコ玉でリフティングをしている映像を見て小学生ながらに唖然としたのを憶えている。

ひと言でいうなら「ケタ違い」というやつだ。

wu3ArbbgxMk=_Sk70AZcloEws_20101016172557.jpg

人生で初めて「あこがれの人」というのを持つことになった。
マラドーナの真似をしながら練習に励んだ。
しかし、私に与えられたポジションは「右のデフェンダー」だった。これじゃ真似しようにも真似できない。

真似をしようものならボールを敵に奪われ石山先生(仮名)に怒鳴られるだけだ。

当然フラストレーションが溜まったが、与えられたポジションを精一杯こなすことに専念した。
ボールを追っかけてるだけでも本当に楽しかった。マラドーナへの憧れは少しづつフェードアウトしていく・・・

maradona111_thumb_20101016172556.jpg
さようならマラドーナ!

そんなサッカーに一生懸命の私を応援してくれる女の子が現われた。

次回第⑥回「生まれて初めての恋」  乞うご期待!
スポンサーサイト
2010.10.19 Tue l 私の履歴書 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
2010.11.01 Mon l 履歴書の書き方. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/295-36207d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。