上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先ほどニュース23のスポーツコーナーであの三浦KAZUが出演していた。
素晴らしいコメントをたくさんいただきました。

長く現役を続けるコツは?の質問に「子供の時の純粋にサッカーが好き」という気持ちを持ち続けることとコメントしていた。よくありがちなコメントなのだが、この人が言うと「重み」が違う。

やはり言葉だけではなくプロフェッショナルとして結果を出してきた人だからだろう。

そして最大のコツは「人生を楽しむ」ことだそうだ。

いつ見てもこの人は輝いている。徹底した体重管理とハードなトレーニングを経て試合に臨むその姿は他人からみれば「どうしてそこまでストイックにやるの?」と疑問符がつくかもしれない。

でもこの人は明らかに楽しんでいる。本当にサッカーが好きなのだろう。プロ26年目だそうだが、純粋な「サッカーが好き」という気持ちはまったく色あせていない。

00009355-B.jpg

日本サッカーは何度、彼に救われただろうか?ドバイでロスタイムの一点に泣き、フランスワールドカップの最終選考にも落選し、失意のどん底を経験してもなおつぶれることなく「純粋にサッカーが好き」という気持ちを持ち続ける。

俺は高校の時からそんなKAZUが大好きだ。
プレーも好きだが生き方も好きだ。

番組で「いつまで現役を続けますか?」の質問があった。
「今やっている練習がいやになったら・・」という答え。
このままでは還暦過ぎても現役を続けていただけそうだ!いつまでもそんなカッコイイ姿を見ていきたいものです


そんな三浦KAZUが新潮社から本を昨日出したそうだ。
さっそくAMAZONで注文し読んでみようと思う。楽しみ~~~♪

610405.jpg

「上を向いている限り、絶対にいいことがあるんだ」

これまで本当にいいサッカー人生を送ってきた。でもそれは昨日までの話。今日もすぐに過去となる。明日をどんな一日にして、どう自分を高めるか。僕はそれだけを考えていたい──。40歳を超え、若手選手とは親子ほどの年齢差になっても、あくまで現役でサッカーをプレーし続ける。そんな「キング・カズ」が、苦楽を味わいながらみずから刻んだ足跡と思考の記録。

4213.jpg


三浦知良/著
ミウラ・カズヨシ

1967(昭和42)年静岡県生まれ。15歳でブラジルに単身渡航、プロサッカー選手に。帰国後、1993年発足のJリーグで初代MVPになるなど活躍。日本代表の試合では55ゴールを記録。イタリア、クロアチアでもプレー。その後、京都、神戸を経て、横浜FCへ。
スポンサーサイト
2011.01.19 Wed l 本の紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/387-b35ca840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。