上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日のトップニュースは間違いなくこの話題だろう。

いよいよカルチョの国にディフェンダーとして初めてピッチに立った長友選手。

ダウンロード (3)  ダウンロード

今日は日本サッカー界にとっての記念すべき日だ。伝統の青と黒のユニフォームに袖を通し違和感なくチームにフィットしている姿を見せてくれた。

ダウンロード (2)

その昔、海外のサッカーを見るにはWOWWOWに契約するしかなかった。日本代表が(三浦KAZUの時代)イタリア遠征で3-0で遊ばれたときもあったっけ?(確かあの時は屈辱のヒールキックシュートでやられた。決めた選手は
こんなのが入った・・・。と苦笑いしてたのを今でもはっきり憶えている)

そんな日本人には憧れだったチームに実力で長友選手がピッチに立っている。
いったいどうなってしまったんだろう・・・。

香川選手といい本田選手、そして長友選手までもが一流プレーヤーの仲間入りをしてくれた。
予備軍はまだまだいいる。見てて痛快だ!!

あとは欲を言うなら「ストライカー」が出てきてほしい。日本代表が強くなるには「強烈なフォワード」が求められる。点を必ず獲ってくれる「絶対的な存在」がいれば間違いなく日本のサッカーはワールドカップに出ても、
常に結果が残せるチームになるだろう。

でも今日は本当に記念すべき日だ。これからも長友選手の活躍を切に願う!
grazie NAGATOMO!!!

ダウンロード (1)

うちの「インテリスタ」龍さんもがんばっておりますぞ!(インテルのユニフォーム着てます)


インテル・デビューの長友、現地紙採点は平均も「15分間、左サイドを制圧」
SOCCER KING 2月7日(月)17時4分配信

 インテルに所属する日本代表DFの長友佑都は、6日に行われたセリエA第24節のローマ戦でデビューを果たした。

 長友は4-1で迎えた75分、MFウェスレイ・スナイデルに代わり途中出場。効果的なオーバーラップでチャンスを演出し、守備でも堅実さを披露。5-3での勝利に貢献していた。

 イタリア最大手の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はこの試合の採点を発表。長友は平均点の6点だったが、「15分に渡り左サイドを掌握し、多少疲れの見えていたマルコ・カセッティを2度抜き去った」とコメント。短い出場時間の中で、印象に残るパフォーマンスを示したと認めている。

 なお、長友のデビュー戦は現地のファンの間でも高く評価されており、インテルのファンサイトにはポジティブな書き込みが多数。次節は強豪ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”だが、「先発で使ってほしい」との声も寄せられている。
スポンサーサイト
2011.02.07 Mon l サッカー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/406-5fbf2dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。