上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
14時50分のことだった・・・。仕事で電話しているとなんだか目が回る・・・・・。
「ん~~めまいか????風邪でもひいたかな?」と思ったら地震ではないか!!!!

しかも揺れが半端ではない!これはタダごとではないと思った瞬間、電話が繋がらない!!!

慌ててテレビをつけると東京台場が燃えている!!

「とうとう北朝鮮からテポドンでも飛んできたか・・・・」と勘違いするような光景!

被害が最小限になることを祈る!

龍さんと海ぼんと三人で津波の様子や地震の揺れでいろんなものが落ちてくる映像を見ながら

地震が起きた時にどう対処するかを教えた。龍さんはすごく真剣に聞いていたよ。

仙台や福島の被害状況を見ていてふと同僚の顔が浮かんだ。ちょっと心配だ・・・・・。

100090_00000_0000_yhjpg-4.jpg

東北、関東で巨大地震=M8.8、死者62人―福島原発、放射能漏れの恐れ・宮城
時事通信 3月11日(金)17時37分配信
 気象庁によると、11日午後2時46分、三陸沖を震源とする地震が起き、宮城県北部で震度7を観測した。マグニチュード(M)は観測史上過去最大の8.8(暫定値)を記録。同3時15分にもM7.4の余震があり、茨城県南部などで震度6弱を観測した。同庁は北海道から徳島県までの太平洋岸に大津波警報を発令、仙台新港に高さ10メートルの津波が到来したほか、同50分に福島県相馬市で同7.3メートル、同4時52分には茨城県大洗町で同4・2メートル確認するなど、北海道から沖縄県まで広い範囲に津波が押し寄せた。午後9時半現在、確認された死者は62人に上っている。
 福島県によると、自動停止した福島第1原発2号機の原子炉内の水位が低下。このまま低下し続けると、燃料棒が露出して放射能が漏れる可能性があるとして、半径2キロ以内の大熊町と双葉町の住民に避難を要請した。
 各県や県警によると、岩手県や宮城県などの沿岸部を津波が襲い、多数の漁船や家屋が押し流された。岩手県山田町で死者が多数出ているほか、同県大船渡市で建物300棟以上が崩壊・流失した。同県では久慈市の漁港などで計26人、宮城県でも石巻市や柴田町などで8人の死亡が確認された。
 茨城県高萩市と坂東市、常陸太田市では家屋倒壊などで80歳と86歳の女性2人を含む計5人が死亡。千葉県では野田市の男性(67)と習志野市の男性(96)ら4人、栃木県芳賀町のホンダの関連会社研究所では男性社員(43)が建物の一部倒壊で、それぞれ死亡した。福島県では須賀川市などで12人が死亡、相馬市の海岸沿いや白河市で土砂崩れが起き、不明者が多数出ている。東京都で3人、神奈川県2人、群馬県でも1人が死亡した。
スポンサーサイト
2011.03.11 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/434-39548a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。