上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第ニ日目

只今、朝の4時!時差ぼけなのか、ただ興奮しているだけなのか目が冴えちゃって眠れません。
 というわけでいよいよスペイン旅行記第3日目がはっじまります!
今日の予定はバルセロナサンツ駅前のevis rentacarにて車を借りスペイン第三の都市、ヴァレンシアへ!時間にして3時間くらいある。
とにかくバルセロナの混んでる道さえ脱出してしまえばなんとかなるだろう。行くぜ!
  
 朝の6時になり私の荷物整理の音で龍さんが起きた。もう眠くないとのこと。

 時間は朝の8時半、さあいよいよ出発の時間だ。龍さんも始めての洗濯物にママのありがたみがわかったようです。パパのパンツと靴下もちゃんと「うえーきったねえ!」と文句を言いながらも洗ってくれました!それでは荷物も綺麗にまとまったし行こうかのう。
 一階に降りるとそういえば朝ごはんを食べていないことに気づく。
美味しそうなビュッフェSTYLEの朝食だ。龍さんも腹一杯ヨーグルトや果物を食べて大満足。
 それじゃあ龍さんいくぞーってな具合で朝のバルセロナを散歩がてらに歩きながらサンツ駅まで歩いて行くことにした。
朝のバルセロナは気温も涼しく本当に過ごしやすい、気持ちいい秋風が旅のテンションを上げてくれます。
 サンツ駅に行くと途中で現地の新聞marcaを購入。昨日はbarcelonaがosasunaをなんと8-0で破ったとのこと。朝からTVはこの話題で持ちきりだった。本当にすごいね、このチームは。今日のバレンシアでのゲームの時間をチェック!間違いなくバレンシアでレアルの試合があります。さあてサンツ駅についたのでレンタカーを借りにavisに行こうかのう!龍さん!

 只今お昼12時、レンタカーですいすいーっとバレンシアまで来ております!と言いたい所ですが、トラブル発生!
 なんとJcbのクレッジットカードがスペインでは使用できないことが判明!avisもだめhertsもだめ慌てて地元のレンタカー屋さんも教えてもらいましたがそこも使用できない!
 マスオさんではないが「ええーーーーっ」って感じです。
こうなったら頼れるのはキャッシュのみ!バルセロナサンツ駅から電車でバレンシアに行くことにしました。ここでクレッジットカードが使用できなったら終わりだ。まあさすがにそんなことはないだろうが。
 電車の時刻表を見るとバレンシア行きの電車が11時から出発の予定!龍さんを引っ張ってチケット売り場の列に着く。
 チケット売り場の姉さんに「血ばしった目で」quiero ir a valencia!
と訴える。vale! といいへんじがかえってきた。物分りがいいじゃねえか!という事で無事にチケットGET!
 こういういきさつで今、電車に乗りながらこのブログ更新中です。
「まあ、こういうことも旅の醍醐味じゃ!」と龍さんに言い聞かせバレンシアに向かう。到着予定は昼の14時半の予定。今日は20時よりレヴァンテvsレアルマドリッドがあるのでそれまでにチケットとホテル、そして市内を探索したいと思います。

 やっとつきましたバレンシア!ホテルも無事確保。銀行でユーロも降ろせたし一安心。只今、夕方の5時!バレンシアの街の路上レストランで龍さんと一緒に食事中です。空腹の上、喉が渇いた、しかもレンタカーには乗らなくてもいいので飲酒運転の心配なしということでcerveza(ビール)をいただきました。しかも特大を注文したのでかなりへべれけ!秋風が気持ちを盛り上げてくれます。
 ちょっとパパ顔が赤いよと龍さんのツッコミが入る!
龍さんもお腹が空いていたので「美味しい美味しい」を連発、オレンジジュースもさすが本場バレンシアというだけあって一味違います。
 龍さん三杯もたのんじゃいました!注文も全て自分でさせたのでウェイターさんも「グラシアス!(^-^)/」とご機嫌の様子。
三杯も飲む龍さんに「バレンシアのオレンジジュースはうまいだろ!何せ本番だからな!」とイチオシ!
 さあて満腹になったところで今日の目的地、エスタデイ・シウダ・デ・バレンシアにいくぞー!!!!!!
ってビールの飲み過ぎでなんか眠くなってきた…(^-^)/

  この後、試合が20時からということで少し時間もあるしせっかくだからバレンシアの町を歩きながらスタジアムを目指すことにした。
程よい酔いと気持ちのいい秋風を味わいながら龍さんとあるく。
ここバレンシアはマドリッド、バルセロナに次ぐ第三の町だ。観光客も沢山いるし何より治安が良い。マドリッドの時のようにいかにもって輩がほとんどいない。
 まちの中もカテドラルを中心に雰囲気のある西洋の昔の面影を残している。自分の息子とこうやって手をつなぎながらあれこれ話をするって考えてみれば本当に幸せだ。龍さんにスペインの文化や気質、そして日本との違いについて話した。間違いなく龍さんは何かをつかんでくれたと思う。
 あれこれ話しているうちに中心部から町の郊外へ出る。橋を渡って旧市街に出る時にふと下を見るとサッカーの試合をやっているではないか!これは日本でいう所の社会人リーグだろうか(^-^)/
 さっそく龍さんと下におり観戦!当たり前だが、日本の試合と明らかに違う。ただ単にうまいということではなく、チャンスと見た時のスピードの上げ方やパスをもらう時の3人目の動き等、一言でいえば緩急のあるさっかーだ。我々日本人はどちらかというと時間中、全力で走り回るせわしないサッカーだ。まあいまはそんなことなくなってきているが私が高校くらいの時の日本は海外から見て少なくともそういう評価だった。しかしサボる時はさぼりここぞという時に急激にスピードを上げるプレイはいつ見ても「やっぱり文化が違う!」と思わざるをえない。観客の目も肥えているのでいいプレには拍手を、悪いプレイをすれば容赦ないブーイングが飛ぶ!やっぱこの国は世界一になっただけある。ってそういえばワールドカップで優勝したんだった!そりゃ違うはずだ。

 龍さんと歩き始めてから30分、やっとスタジアムの標識が見えてきた。喉が渇いたのでbarでAguascalientes mineralのボトルを購入!喉を潤しながらスタジアムに向かう。
 しばらくしてまたサッカーのグラウンドを発見!こちでもサッカーの試合をしている。よく言われていことだがさっかーはこの国の生活の一部だ。

 グラウンドを少し過ぎ歩くと少しづつユニフォームを着たサポーターが多くなってきた。もうスタジアムが近い!
 そして公園の裏に出た所でスタジアムが姿を表す。
「おおー龍さん!ここでいよいよロナウドに会えるね」と龍さんより興奮して見せる。3時間前だというのにもう既にサポーターは熱狂!とにかくチケットをということで売り場の列に加わる。

 二時間前にいよいよチケット売り場が解禁。今回はいい場所でロナウドが見たいので大奮発して一番高い席tribune central をひとり90ユーロで購入。待ってろ、ロナウドちゃん!
 チケットを無事GETし、スタジアムの周辺の出店で記念にレアルマドリッドのユニフォームを購入。気分はもうマドリスタ!

 しばらくするとバクチクの音がなりサポーターが例の「オーレ、オレオレオレー」と騒ぎ始める。いよいよレアルとホームチームのレバンテの選手を乗せたバスが到着!馬も出動し物々しい厳戒態勢に!
これに龍さんびっくり!まったく見えなくなったので肩車をしバスに乗っているレアルの選手を見せてあげた。大興奮のサポーターの中に突っ込んで行き警官隊の乗った馬のしっぽに顔をぶたれる!これは初めての体験だ!龍さんは「すげー」と大興奮!もうここまででも来た甲斐があったとお腹いっぱいになる。盛り上がり方が半端ではない!
さあ龍さんスタジアムに入るぞ!

 スタジアムに入る前に持ち物検査。先ほど購入した水のペットボトルは持ち込み禁止とのこと。もったいないから1.5ℓの水を目の前で一気飲みする! すると警備員がそれを見て爆笑!なんか変な日本人が来たぞ!って感じ。 「ああーうまかった!!!!」と日本語で言うと「bien!」と入場を許可してくれた。
 いつもサッカーを見に来て思うが入場口からスタジアムに出るまでに気分が高揚する!龍さんが階段を上がり先にピッチを見た。
「すげー」ここでレアルマドリッドがプレイすると思うと興奮する!

 場所を確認し時間があるのでアップをする選手の登場を待つ。
するとしばらくすると選手がピッチに登場。大歓声が沸き起こる。
  やっぱりホームチームとアウェイチームの差は歴然だ。ホームチームの選手が出てくれば凄まじい拍手喝采。アウェイの選手だと超のつくブーイングが飛ぶ!ここもまだ日本と歴然とした違いがある。決して物々しい雰囲気が言い訳ではないがこうした緊張感が選手を育てるのだろう。

 そうこくしているうちに時間は20時、いよいよ両チームの選手の登場だ。しかしロナウドの姿はそこにはない。せっかくスペインまで見に来たのに…とアップでも姿のないことにテンションが下がる。
今日はベンチにも入っていないのだろうか。
でもカカがひとり孤軍奮闘ているではないか!とにかく試合を楽しもう!

 試合は前半まで0-0 膠着状態が続くが試合は荒いプレーが続出しかなりの荒れ模様。レアルのサポーターが騒げばこんどはホームチームのレバンテのサポーターが「la puta madre! fuera!!」といまにも激突しそうな勢いだ。それを見て龍さんがすげーすげーの連発!大興奮!
  試合を観ながら日本人との違いについて教えた。特に
喜怒哀楽の表現の仕方だ。怒る時は起こり嬉しい時には笑う!当たり前のことだが大事なことだ。そう教えながらも自分も最近、喜怒哀楽の表現が乏しくなって来ていることに気付いた。自分も龍さんと一緒に学んだ。

 前半は0-0で終了。ハーフタイムで脱帽感からボーっとする。ふと龍さんを見たら寝てるではないか!まあ無理もない初めての時差ぼけに感じたことのない緊張感。小学生ながらに彼はよくやっていると思う。時間は夜の21時、日本ではとっくに寝ている時間だ。もし自分が小学生の時にこんな経験したらひどくて発狂するかもしれない。そんなことを息子に強要しつつこうやってスタンドに座っていることに周りが反対した理由が今になってわかって来た。
 まだ2日目だし、後半はゆっくり寝かせてあげよう…そう思い後半のホイッスルがなるのを待った。

 しばらいうすると選手が登場!しかしなんだか雰囲気が違う!拍手とブーイングが混じり合う異常な状態!
 そうなのだ!なんと、なんと、なんとクリスチアーノが!ロナウドが登場したのだ!出ないと思ってた彼がいきなり登場!いよいよモウリーニョ監督も業を煮やしたのだろう。ピッチに主役が登場すると前半とは全く違う異次元モードに!
 私も大興奮!寝ている龍さんを「ここで寝させたら一生彼は後悔する」と思い、「龍馬!龍馬!ロナウドだよ!」と大事に起こした!

 すごく眠そうだったが龍さんは頑張った。可哀想だったのでもうダメか?と何回も問うたが「大丈夫!」と最後の元気を振り絞った。
これには涙が出るほど嬉しかった。そうだ龍さんはロナウドを観たいのだ。心の中で「龍馬!頑張れ!」と繰り返した。
 その後、龍さんは眠気を越える感動をしてくれた。目の前で繰り広げられるロナウドのプレーに、そしてそれに対し反応する観客席の雰囲気にこれまた興奮!

 当たり前だがやっぱりスーパースターは違う。スピードがはっきり言って桁違いだ。チャンスになった時のスピードアップや足技、そしてあの無回転フリーキックを生で見られた。言葉は「すごい」しか出てこなかった。ロナウドがボールを持つと龍さんも「ロナウド頑張れ!」と叫ぶ!

 試合は後半カウンターからホームチームのレバンテが先制!スタジアムは超超超大興奮!今までサッカーを少ないながらも観て来たが、この雰囲気は異常だ。そりゃそうだろう負けると思ってたホームチームが勝つかもしれないんだから地元サポーターは興奮するわな。
 しかも試合はさらに荒れ具合を増す!削るプレイが続出し選手も揉み合い状態の乱闘寸前状態だ。それにまたサポーターが反応する。レアルのサポーターに向かって挑発する掛け声を出す。
 その瞬間、観客席の1人がピッチに旗を持って乱入!センターラインまで入り警官と追いかけっこ!そしてみずからゴールに飛び込むパフォーマンスに龍さんと二人で大爆笑する!そうなのだこういうのが面白いのだ!龍さんもこれにはたまげたらしい。そして笑に笑った!

 試合は結局0-1でレアルの負け。地元サポーターはこの勝利に大興奮!非常に疲れたが最高のゲームだった。

 帰りは龍さんの手を引っ張り徒歩で帰る。心の中で「龍さん頑張れ、頑張れ!」を連発しながらホテルに戻る。
時間は夜中の24時。町にはスペインの子供達が当たり前のように走り回っているが、日本人である龍さんにはかなりきついはずだ。
しかも喘息の状態を考えるとあまりハードな環境はこれ以上危険だ。
 体力が低下すると肺炎をおっコス可能性も否定できない。こんなところでそうなたら一巻の終わりだ。大事をとって明日のトレド行きは断念することにした。龍さんにとって楽しい旅にするために健康には十分配慮しなければいけない。

 大学時代に行って感動したカンポデクリプターナも断念。これ以上は危険だ。明日は移動せず龍さんとゆっくり過ごすことに決めた。
本当に今日はお疲れ様でした龍さん!

あなたの今日の頑張りは一生父の胸に刻んでおきます。白山登山の時といい今回といい親バカかもしれないが、この子には「粘り」があることを改めて知った。

 今回はトレドやカンポデクリプターナに行けなかったがまたいつか一緒に、いや必ず行こう!そのときまでとっておくよ!

ホテルに戻り龍さんは泥のように眠った。

今朝の4時、このブログを書いてます。龍さん起こさないようにそーっとね。

「ガツン、どーん」と龍さんがベッドから落下!激しく咳き込む!
流石に私もびっくりしなだめすぐにまた寝かせた。

あーびっくりした!ということで二日目終了です。
スポンサーサイト
2011.09.19 Mon l 龍さんスペインに行く(本編) l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/584-5633c1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自宅で1日5分、10日間とても簡単なことをするだけでお子さんの小児喘息を改善することができます。このまま副作用の強い喘息治療薬をお子さんに与え続けるより一日も早く、お子さんを喘息から解放してあげませんか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。