上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第五日目-3



おはようございます!只今朝の6時!昨日の試合の興奮も冷めやまぬ中、起床する。心地よい疲労と充実感を感じながら目が覚めました。
まだ余韻の残っているうちに昨日の試合をレポしたい。

IMG_0431.jpg  IMG_0442.jpg

午後7時、試合開始の3時間前ということでちょっと早いがスタジアムに向かうことにした。スタジアムまではだいたい歩いて20分くらい。龍さんの体力を考えてできる限りスタジアムから近くそれでいて駅からも遠くない中間地点のホテルをとったので先日のレバンテのホームグラウンドよりも近い。

夕方の爽やかな秋風を頬に受けながら町を背景に写真を撮りながら向かった。途中喉が渇くといけないのでファンタとコーラ、そしてペットボトルの水を購入。ちょっとした遠足気分だ。

 途中でVALENCIAのオフィシャル・ショップを発見!ちょっと立ち寄りました!

P1030702.jpg  P1030699.jpg
P1030698.jpg  P1030697.jpg
P1030696.jpg

Mestallaスタジアムの方面にはまだいっていなかったので街並みが妙に新鮮に感じる。ヨーロッパの町はどこの方面にいっても新しい発見がある。街全体が私と龍さんにとっては博物館だ。
龍さんは途中、道に落ちている草木をひろって遊んだ。こういうところはやっぱりまだ子供だ。日本にいる時は「汚いし触っちゃダメ!」となるが今日はなんだか可愛らしく思える。
こんな時間はもう残り少ないのかもしれない。中学校くらいになったら生意気になるんだろうな~。

IMG_0465.jpg  IMG_0468.jpg

途中で絵になる橋を見つけた。何度もいうがほんと博物館だ。
かんかん照りで暑かった太陽も夕日に変わると素晴らしい演出をしてくれる。やっぱり夕日は最高だ。

IMG_0491.jpg

橋を越えてまっすぐ行くと見えてきました!本日のメインイベントの会場が!今回スペインにきて3試合目なので初回ほど感動していない自分がどこかいた。なんて贅沢なんだろう。だんだん慣れてきたようだ。もっと感動しろよ!俺!!!
なんてことを考えながら歩いていくとなんと広場にはもうバレンシアのサポーターが集結!凄まじい応援が繰り広げられていた。
まだ2時間半前だぞ!

IMG_0505.jpg  IMG_0506_20111019223600.jpg

先日のlevante vs real Madrid の時は2時間前でもここまでではなかったが、こんな早くからこのような興奮状態ということからこの試合の注目度が測れる。とにかく熱狂の仕方がすごい!
[広告] VPS

IMG_0512.jpg  IMG_0520.jpg

慌ててチケット売り場に急ぎ、大奮発して一番高い席「tribune central」を購入!なんと1人160euro、日本円にして17000円くらいだ。半端じゃねえ値段ですがそれだけ価値がある試合だし、龍さんにメッシを近くで見せてあげれるのならと2枚購入。

P1030732.jpg  P1030728.jpg

なんとかチケットも無事getしたしあとは観戦するだけだ!
おっとでもせっかく高いお金払ったんだからもうひとつ例のやつを味わいたい。そうだ選手の乗ったバスを向かいいれる儀式だ。
先日のreal madridもそうだったが人気チームが来る時の入場は一種のイベントだ。興奮したサポーターがまわりを囲み物々しい雰囲気になる。やっぱりあれを最後に経験したい。

P1030741.jpg

広場のサポーターとは別に入場門に待機しているサポーター達を発見!こちらにメッシがくるようだ。
しばらくすると警備員の動きが慌ただしくなり警官隊が例の馬に乗って現れた!それとともにいっきに入場門にサポーターが殺到!
遅れまいと私と龍さんも突っ込んで行き前のほうに陣取る。
しかしさすがbalceronaだ、人の数が半端じゃない。揉みくちゃにされ非常にまずい状態になった。ただでさえ大きいスペイン人たちに四方八方を囲まれ押し合いへし合いになって、龍さんが潰されている。

P1030743.jpg

下手したら窒息する!と思い後ろの人を押して強引に龍さんのいるスペースを確保する。すごい、凄すぎる!とんでもないところに来てしまった!しかしメッシを見るためにはここで引くわけにはいかない!龍さんに息ができるか、ひどくないか、暑くないか?など何回も確認した。「ぼく大丈夫!」と言うことはいうがなんだか元気がない。これ以上は危険!と判断しすぐさま抱っこをして息ができるようにした。周りのサポーターはそんなことお構いなしに応援歌を歌った。この熱狂はなんなのだろう。この力こそスペインが世界一になった要因だろう。日本では考えられない。
流石の龍さんもびびっているようだ。龍さんを抱き上げ熱気ムンムン汗が滝の様に流れ出す。「汗くせええー」

P1030746.jpg

しばらくすると後ろのスペイン人の女の子たちが話しかけて来た。
「すごいでしょ!これからここにバルセロナのバスがくるのよ!あなたは誰のファン?」と聞いて来たので迷わずメッシ!と答えた。
「おお!私もメッシの大ファンなの!この子は?」と龍さんのことを聞いて来たのでメッシとシャビと答えた。彼女たちもアジア人と話ができて嬉しそうだ。興味があるのだろう、色々話をした。
「もうすぐ日本に帰るから今日は一番高い席を買った。私とこの子にとって今日はメモリアルゲームなんだ!だから今日は楽しみなんだ!」的なことをうる覚えのスペイン語と単語を混ぜて話す。
いつも感じることだが会話なんてお互いに伝え会おうという気持ちがあれば伝わるものだ。
しかしそれはそうと半端なく暑い!龍さんを抱っこしたわたしの腕もそろそろ限界だ!
[広告] VPS

P1030748.jpg

そう感じた瞬間、向こうにいるサポーターから「la puta!」という罵りの声とともにブーイングのときに起こる口笛がなり始めた。こちらも半端じゃないボリュームだ。耳の鼓膜が破れそうなくらい凄まじい!龍さんもこの雰囲気にびっくり!
いよいよBARCELONAの選手の乗ったバスが目の前に登場!会場の興奮度はクライマックスに!揉みくちゃになりながらもなんとかカメラを回す!きましたバルセロナの選手が!そしてメッシがバスから降りてきました!その瞬間、これでもかというほどの歓声と後ろからのパワー、カメラのフラッシュであたりは騒然となった。
さすが世界のスーパースターは違う!桁違いだ。
続いてプジョルやシャビ達が現れる。世界一のクラブチームを目の当たりにし龍さんも大興奮!「メッシおった!(^-^)/」とまんべんの笑みを浮かべる。その笑顔が本当に素敵だった。
[広告] VPS

選手がスタジアムに入りやっとすし詰め状態から開放される。空気がこんなにおいしいとおもったのは白山に登ったとき以来だ。
龍さんも緊張から開放され安心した様子。そして彼なりに興奮し嬉しかったようだ。「凄かったーぼくビックリしたけど楽しかった!」そう言ってくれた。

IMG_0527.jpg

スポンサーサイト
2011.10.19 Wed l 龍さんスペインに行く(本編) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/616-4bc40a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。