上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
d0102900_55476.jpg


Bob Dylan "Like a Rolling Stone"

ライク・ア・ローリング・ストーン

Once upon a time you dressed so fine
You threw the bums a dime in your prime, didn't you?
People'd call, say, "Beware doll, you're bound to fall"
You thought they were all kidding you
You used to laugh about
Everybody that was hanging it out
Now you don't talk so loud
Now you don't seem so proud
About having to be scrounging for your next meal.

How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

You've gone to the finest school all right, Miss Lonely
But you know you only used to get juiced in it
And nobody has ever taught you how to live in the street
And now you find out you're gonna have to get used to it
You said you'd never compromise with the mystery tramp
But now you realize he's not selling any alibis
As you stare into the vacuum of his eyes
And say do you want to make a deal

How does it feel
How does it feel
To be on your home
With no direction home
A complete unknown
Like a rolling stone

You never turned around to see the frowns
On the jugglers and the clowns
When they all did tricks for you
You never understood that it ain't no good
You shouldn't let other people get your kicks for you
You used to ride on the chrome horse with your diplomat
Who carried on his shoulder a siamese cat
Ain't it hard when you discover that
He really wasn't where it's at
After he took from you everything he could steal

How does it feel
How does it feel
To hang on your home
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

Princess on the steeple and all the pretty people
They're drinking thinking that they got it made
Exchanging all kinds of precious gifts and things
But you'd better lift your diamond ring,
You'd better pawn it babe
You used to be so amused
At Napoleon in rags and the language that he used
Go to him now he calls you, you can't refuse
When you ain't got nothing, you got nothing to lose
You are invisible now, you got no secrets to conceal

How does it feel
How does it feel
To be on your home
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

昔はきれいな服を着ていたときもあったね
羽振りのよかった頃は浮浪者に10セントをくれてやったよね
「お嬢さん、気をつけないと落ちぶれちまうよ」なんていう人もいたね
みんな冗談を言っていると君は思っていただろう
昔は何もせずにうろついている奴等を
馬鹿にして笑ってたもんだよな
今じゃそんな大きな声では話さない
今じゃそんなに誇らしげでもない
自分の食い物をこれからかき集めなきゃならないなんて事を

どんな気分だい
いったいどんな気分だい
家がないって事は
誰にも知られぬ人のように
転がる石のように

確かに君は立派な学校に行っていたよ、ミス・ロンリー
でもそこではパーティーを開いては酔っ払ってばかりいた
誰も通りで暮らす方法なんて君に教えてはくれなかった
それが今ではそれに慣れなきゃいけない事はわかっただろう
君はあの不思議な浮浪者には決して近づかないと言っていた
でも今や彼は言い訳なんかしていない事に気づいただろ
彼のうつろな瞳を覗き込んでみたら
そして彼に取引したいかって尋ねてみたら

どんな気分だい
いったいどんな気分だい
たった一人で暮らすって
たどる家路もなく
誰にも知られぬ人のように
転がる石のように

君はわざわざ振り向いて見ようとはしなかった
ジャグラーやピエロの顔に浮かんだしかめっ面を
奴らは君のために芸を見せてくれたのに
それじゃいけないって事が君にはわからなかったんだね
他の人に君の楽しみを横取りさせるべきではないんだ
君は外交官のボーイフレンドとぴかぴかの馬によく乗っていた
奴は肩にシャムネコを乗せて歩いたりしていた
本当のことを知って辛くないかい
彼が本当はそんな奴じゃなかったって事を
奴が君から盗めるものをすべて奪っていってしまった後で

どんな気分だい
いったいどんな気分だい
たった一人で暮らすって
たどる家路もなく
誰にも知られぬ人のように
転がる石のように

搭で暮らすお姫様とすべての優雅な人々
彼らは当たり前のように酒を飲み
高価なプレゼントを交換する
でも君はダイヤの指輪をもらったほうがいい
それを質屋にもっていくのさ
君はぼろをまとったナポレオンと彼の使う言葉を
とてもおもしろがっていたよね
さあ彼のところへ行って、彼が君を呼んだら、君には断れない
君の持っているものが何もなければ、失うものも何もない
君は今では誰の目にも映らない、隠す秘密も何もない

どんな気分だい
いったいどんな気分だい
たった一人で暮らすって
たどる家路もなく
誰にも知られぬ人のように
転がる石のように

やっぱ「転がる石」最高!!!!!
スポンサーサイト
2010.01.18 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/7-e3b0fb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。