上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第十二章:ごーるでんうぃーく四日目 「やっとのお休み」 

ゴールデンウィーク4日目、今日も快晴!いいことがありそうです!
四日目にしてやっと家族から解放され(こんなことを言ったら妻にしかられるな・・・)「さあ!今日こそはのんびり
するぞ!」と意気込んだ。

100504_0728~01

一日「ぐうたら亭主」で過ごし、夜から食事会に出撃した。今日のメンバーは前職で「同じ釜の飯を食った」戦友たちである。みんなそれぞれ「古巣」から巣立ち「新しい道」を歩んでいる。進む道は様々だが皆「ハングリー精神」の塊
のような奴らだ・・・。

100504_2207~01

場所はこれまた前職から巣立った南氏のお店「城北南月」である。店主のいい加減さ(これもご愛嬌か?)は気になるが「お客様に感謝する」気持ちを大切にしたいい店である。出てくる料理は舌の肥えたものでも「うまい!」と言わざるを得ない絶品づくしだ。
 
 店主の心意気がいいのだろう、店は大繁盛している模様である。特筆すべきはその「お品書き」の書き方だ。
前職のスーパーで身に付けたという「こ汚い」殴り書きである。はっきりいって何と書いてあるかわからないが、非常に「味」のある「お品書き」だ。見るものに「これはどんな料理だろう?」と想像力をかき立たせる・・・。

100504_2207~02

このような「恐怖心をあおるお品書き」だが出てきた料理はどれも愛情ある温かい料理ばかりである。
ここの料理を食べていると「お客様への感謝の気持ち」が伝わってくる。
 
 店主の温かい気持ちと戦友たちとの「昔話」で盛り上がり「城北南月」を後にした。やはり「同じ釜の飯を食った仲」はいいものである。みなさんも小松に立ち寄った際、お腹がすいたらぜひ「城北南月」にお立ち寄り下さい。
そして名物「お品書き」に対して突っ込んであげて下さい。「何書いてあるかわからないんですけど・・・」と!

100504_2207~03
店主の南氏・非常に明るく気さく(奇さく?!)な男である。隣は前職で「影のチーフ」をしていた東氏(実際彼がS店を操っていた!)


「城北南月」
ジャンル:寿司
TEL:0761-24-0372
住所:石川県小松市城北町70
交通手段:明峰駅から844m

 追伸
最後に東出、間口ご結婚おめでとうございます!これからはいよいよ一家の大黒柱ですね~。お互いにいい人生を歩めるよう頑張っていきましょう!東出!子供産まれたらまた写真見せてね!それではご家族のご多幸をお祈りしております。
スポンサーサイト
2010.05.05 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rollingstone489.blog108.fc2.com/tb.php/73-4ccdd79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。